保育士は無責任ではない…保育園での一斉退職問題が起こる原因とは?

保育士が一斉退職するニュースを時折耳にします。一斉に辞めるというだけでもインパクトは大きく、子どもや保護者は不安に思いますが、保育士としては無責任に退職するわけではありません。ではなぜ職員が大量に退職してしまうのか、その原因を考えていきます。

保育実習を受け入れる時の5つのポイント【未来の保育士を不安にさせない】

保育実習は保育士資格を取得する時に履修するものです。一方、保育園側にとっても保育実習は未来の保育士の育成に携われる良い機会です。今回は保育園が保育実習を受け入れる時のポイントを5つにまとめてみました。実習生さんにも参考になる内容ですので是非ご覧ください。

保育士同士でもうまくいく情報共有の仕方【伝達ミス防止・トラブル回避】

保育園における情報共有はとても大事です。担任同士、保育士と栄養士、保育士と保護者など情報共有が行われるケースは様々です。しかし、伝達ミス等で情報共有がうまくいかずにトラブルになる事もあります。今回はうまく伝わる情報共有の仕方を考えていきます。

保育の振り返りをする事で得られる3つの効果【保育の質と明日のヒント】

みなさんは保育の振り返りを行っていますか?保育の仕事は忙しく、冷静に振り返る時間がないかもしれません。しかし、振り返りをする事で良い効果が得られると分かれば意識が変わります。ここでは保育の振り返りを行う事で得られる3つの効果について紹介します。ぜひ取り組んでみてください。

ブラック保育園を作らないためにできること【園長目線・保育士目線で考える】

ブラックという言葉が定着して久しいですが保育園も例外ではありません。労働条件が悪い保育園は「ブラック保育園」として悪いイメージが付いてしまいます。ブラック保育園を少しでも減らす為に園長目線、保育士目線でできる事をお伝えします。子どもたちの為にできる事をやっていきましょう。

経験したから言える新人保育士に伝えたい7つの事【使えないなんて言わせない】

今回は新人保育士さん向けにメッセージを書いてみました。私も新人保育士時代をどうにか乗り越えて園長先生になりました。過去の自分は変えるべき点が多く、ここに書いた内容を実践していれば良かったと思っています。少しでも新人保育士さんの糧になれば幸いです。

子どもをひとりの人間として尊重した保育とは【保育所保育指針を見よう】

子どもを一人の人間として尊重するとはどういう事でしょうか。普段子どもたちと一緒にいると中々意識しづらいですが、尊重する事はとても大事な事で保育所保育指針に記載されています。ここでは子どもを一人の人間として尊重する保育を考えるきっかけとなるようまとめました。

保育における「援助」と「支援」の違いについて学ぼう【保育書類の質を上げる】

保育における「援助」と「支援」という言葉。保育士として働いていると日常的に耳にすると思います。一見似たような2つの言葉ですが、使い分けはできていますか?違いが分かれば保育はもちろん、保育書類の質を上げることも可能です。援助と支援の言葉について学んでいきましょう。

保育園の園長先生は「保育士の背中を押してあげる事」を大切な仕事にしよう

保育園の園長先生が大切にしたいこととして、「保育士の背中を押してあげる」事が挙げられます。信頼して背中を押してあげると、保育士は気持ちが楽になり安心できるかもしれません。安心感は働きやすさにもつながります。安定した職場作りの為に背中を押してあげませんか?