考えた事ある?子育てにおける父親の役割・存在意義って何だろう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

力こぶを作るスーツ姿の男性

どうも!保育士園長のまゆあです。

今回のテーマは「父親の役割・存在意義」です。

みなさんは父親の役割を考えた事はありますか?

現代では女性の社会進出が進み、
男女の役割に差が無くなってきました。

昔は男は仕事、女は家庭と言った様に役割があったように思います。

しかし、今は土木業や運転士といった男性がメインだった仕事に女性の方が就くという事例が多くなりましたし、逆に女性の職場であった保育の現場に、男性保育士が働いている姿もみられるようになりました。

男女の性差がほとんどない様な時代になってきていますね。

今は子育ても男女関係なく行いましょうと言う風潮になっています。
イクメンという言葉が定着しつつあるのもその影響といえるでしょう。

このような時代に父親に求められている事は何かをまとめました。
父親の役割や存在意義は大いにありますよ!


スポンサーリンク

パパは社会のルールや厳しさを教える存在

注意を受けるサラリーマン
ママは出産などで社会との関わりが途切れがちになります。

一方、パパはその間も働いていることの方が多く、社会との接点があります。

なので、社会の事を教えるのには男性であるパパの方が適しています。

社会の厳しさやルールはすぐに理解できるものではありません。
それこそ長い年月をかけて伝えていかなくてはならない事もあるでしょう。

それでも、しっかりと伝えていくことが重要であり、
ルールを守る事の大切さや、やっていい事といけない事を
自分で判断できるように教えていかなくてはなりません。

子どもを育てるということは、「社会的にも大きな責任が発生する」ということと言っても過言ではありません。

分別のつかないまま大きくなった子どもの行く末は、
今までの歴史が証明していると思います。

男とは何かを伝える

男子トイレマーク
男性と女性では身体のつくりや考え方など大きく異なります。

その中で、男性が女性の事を、反対に女性が男性の事を
教えるのは難しい事ではないでしょうか?

なので、パパは男性とはこういうもの、父親とはこういうものなんだと、
男性像や父親像の事について教えてあげるのはパパの方が適しています。

また、子どもが男の子であれば、立ってトイレをする方法を教えるのも
男性であるパパの役目になりますね。


スポンサーリンク

いつまでも高い壁であり続ける

高い壁の前に立つ木製人形
小さいころ、パパに勝てなくて悔しい思いをしたことはありませんか?

中々勝てなかったけど、初めて勝つことができた時の喜びはとても嬉しい事でしたし、私の記憶にも残っています。

勝てたことで、自分の力を信じる事が出来たようにも思いますし、その体験が今の挑戦するという姿勢の根本になってと思います。

パパが壁となって子どもの自己肯定力と頑張る意欲を育むことはとても大切な事です。

社会に出たら沢山の荒波が待ち受けています。
荒波を乗り越えるには自分の力を信じ、諦めないで挑戦する事が大切になります。
後ろ向きの考えでは、子どもが社会に出た時に困ってしまう結果になります。

子どもが向かってくるのをしっかりと受け止め、
時には上手く負けてあげながらも、子どもの自己肯定力を伸ばし、
社会で生きていく力を身に着けてあげたいものですね。

ママの良きパートナーとしての姿を見せる

夫婦イメージ
子育てにおいて、パパとママの関係はとても大事です。

時にはママの話や愚痴を聞くこともあるでしょう。
その時に嫌そうな顔をせず、しっかりと対応しましょう。

また、ママが大変なときにそっとサポートしたり、家事を手伝ってくれるなど、夫婦が協力し合う関係であることが何よりも家族にとって良い事だと思います。

子育てをしているママは、孤独になりがちです。

一方、パパは仕事などで他人とのつながりを持っているので、何かあってもはけ口があることがママとの違いの一つです。

そんなママの事を助けてあげるパパは、子どもにとってかっこよく見えるでしょう。

ママの良きパートナーとして家族の中にいる事が、存在意義の一つに挙げられます。

その姿を子どもが見ると、将来的に他人に優しくしてあげられたり、子どもが親になった時にも家族をいたわってあげられる人に育っていくでしょう。


スポンサーリンク

頼りになる存在である

腕組みする父子
パパは家族を守る存在です。

その為に時に厳しく、時に優しく家族を包み込むような存在であってほしいと思います。

そんな姿は子どもからの「信頼」という形になっていくでしょう。

パパが頼れる存在であると、家族は安心します。

安心感の中で生活していくと、子どもたちの情緒も安定します。

そして、やがては父親への尊敬となっていきます。

子どもたちがパパみたいになりたいと思う様になれば、父親の存在意義があったということになるでしょう。

沢山の経験を積ませてくれる存在

山登りをする父子
男性は女性よりも繊細さに欠けるかもしれませんが、
大胆さは男性の方が大いにあると思います。

それを活かしてアクティブな外遊びを行ったり、自然の中で遊ぶなど、色々な経験を積ませてあげましょう。

その中で、自分から挑戦する力を養ったり、恐怖心に打ち勝つ心、
ルールを守る事の大切さ、身を守るための方法などを学ぶことができるなど、
子どもの成長にプラスに繋がることを伝えることができます。

パパとの経験が役に立ったと大きくなってから言われたら嬉しいですね!

父親の存在意義は大いにあるのです!

仲良し家族
こうして挙げてみると、父親の存在意義というのは大きく、
子どもの人生にも影響を与えるような役割を持ちます。

その中でパパとしてできる事が沢山あったのではないでしょうか。

是非とも、信頼・尊敬されるようなパパを目指して子育てを行ってみてくださいね!

関連記事



スポンサーリンク

おすすめ情報:今しかないお子様の姿を写真に収めませんか?

子育て真っ最中のみなさまにお知らせです。

保育士園長まゆあ
今しかない我が子の姿を写真に収めませんか?

famm(ファム)が提供している撮影会では、プロのカメラマンが無料で撮影会を行うイベントを開催しています。

過去に10000組以上の家族が参加している大人気のイベントで、当日は可愛らしいブースで写真を撮っていただけます。

いまりちゃん
10000組以上も参加しているなんてすごいですね!

撮影会では10カット以上のデータがもらえるだけでなく、子育て費用相談会もセットで行われ、育児費用に関する悩みを聞いていただけます。
参加した95%以上の方が無料撮影会に満足したという声をあげたイベントです。

相談会での勧誘も無いと明記されているので、安心感があります。

みなさまにとってお得な情報ですので、気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

気になる方は↓こちら↓からチェック☆



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする