妻がイライラする原因はコレ!子育てに対する夫への7つの不満

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腕組みして怒りを表す女性
妻が抱える子育てに対する夫への不満、みなさんどれだけ知っているでしょうか?

子育ては夫婦で行うものです。
みなさんは実際に協力して子育てできているでしょうか?

元々は家族ではない2人が協力して子育てを行いますので、お互いに思いやる気持ちが大切です。

しかし、男性と女性と言う点では思考回路が違う為、不満に思う所がある程度は出てきてしまうのもまた事実です。

ここでは妻が夫に対して不満に思う事をまとめました。
イライラしてしまうことも中にはあるようです。

夫である皆さま、心当たりはありますか??



スポンサーリンク

①夫は子育てに対する面倒なことに関わろうとしない

畳の上でゴロゴロする男性
男性というものは、面倒くさがりな生き物です。
(と言われています)

事あるごとに「面倒だな」と思ったことに対して、自ら近寄ろうとしません。

例えばうんちのおむつ替え、夜中の寝かしつけや夜泣き対応…
こういったことに積極的に関わっているでしょうか?

たまに料理でもやったかと思えば片づけはせずにゴロゴロ…。
そんな姿を見たら誰だって幻滅しちゃいます。

頼んでも嫌な顔をしたりすると、妻のイライラの原因になります。
こういった姿は夫への不満に繋がるのです。


スポンサーリンク

②夫が自分の事しか考えない

子どもが産まれても「あとは宜しく」と言わんばかりに遊びに行ったり、飲みに行ってしまうケースがあります。

また、家にいても家事の手伝いをせず、物は出しっぱなし、用意してもらう、寝っ転がって動かないという夫もいます。

妻は母親として24時間子どものために動いています。
しかし、自分の事しか考えられないようだと、「私だけなんでこんな思いをするの?」という気持ちが芽生えます。

更に、自分の事を自分で行なわないようだとどうでしょう?

夫自身がする事をすべて妻が行うことになり、負担が大きくなります。
そうなると夫は妻から見て「ただ邪魔な存在」にしか思わなくなるでしょう。



スポンサーリンク

③子育てを妻一人に押し付けている

子育ては母親の仕事と言わんばかりに何もしようとしない夫は意外と多いです。

「俺、仕事で疲れたから先寝るわ」と子どもよりも先に寝てしまったり、「それはお前の役目だろ」といったことを妻に言うケースもあります。

子育ては紛れもなく夫婦が協力して行うものです。
仕事を理由に子育てに関わらないのは父親としては失格と言えます。

押し付けられた妻だって疲れています。
独りよがりな行動はしないほうが良いでしょう。


スポンサーリンク

④子育てに関して文句を言う、良い所を取る

赤ちゃんを間に喧嘩する夫婦
何もしないのにも関わらず、口だけ出す夫は、妻のストレスを多くするだけです。
やってから口出ししろ!という母親の声が聞こえてきそうですね。

しかし、少なからず指図するような感じで子育てに口を出す方もいるようです。

また、自分のいいタイミングで急に子育てに参加するのも、夫への不満の一つです。

機嫌が良ければ一緒に遊び、泣いていれば妻にバトンタッチ。泣き止んだらまた遊ぶなど、良い所だけとるような事も妻のストレスをためるだけになります。


スポンサーリンク

⑤やってほしい事が伝わらなくてイライラ

色々と手伝ってくれるけど、中途半端だったりやりっぱなしの事があったり、やってくれるけどやり方が雑だと妻は不満に思うようです。

また、やってほしいタイミングが違う事も不満の原因になるようです。
これではイライラして当然ですね。

コミュニケーションが取れているとそういったことは起こりにくいのですが、
一見協力的な夫でもコミュニケーションが取れておらず、
妻の思いと違う事をやっていると「何やってんの」という思いに繋がります。

父親として一生懸命やっているだけなのかもしれませんが、妻から見ると頼りなく映ってしまい、それが不満の原因になってしまいます。


スポンサーリンク

⑥夫婦が会話をしない

結婚してから急に話さなくなってしまう夫婦の事例は沢山あります。
では、会話をしないとどういった事が起こるでしょうか?

会話をしないと相手が何を考えているのかがわかりません。
すると、コミュニケーションがとりづらくなってしまいます。

言葉にしないと相手に気持ちを伝えられませんよね。

子どもも、父親と母親が話しているのを聞いて言葉を覚えていきます。
人間同士の付き合いですので、言葉のコミュニケーションが大切ですね。


スポンサーリンク

⑦相手を気遣う気持ちが無い

頑張って日中子育てをしていても、それに対して何も気遣わなかったり、感謝の気持ちを伝えないと、妻はさみしく思います。

夫婦で協力して子育てを行うつもりが、協力を得られず、更に気遣う言葉もないと悲しいですよね?

たとえ、毎回感謝されなくても、たまには口に出して欲しいと思っています。

夫の方だって、仕事で沢山頑張ったのに何も言ってもらえないのでは、何のために頑張っているのか分からないと思います。

お互いに気持ちよく子育てをするには、相手を思いやる気持ちが必要なのです。


スポンサーリンク

妻が抱える夫への不満やイライラが分かりましたか?

会話する夫婦
以上、妻が不満に思う事を7つ紹介しました。

こうして挙げてみると、意外と多くの事に対して不満に思っていることが分かります。

子どもが産まれると、自分一人が良ければいいという考えではいられなくなります。
妻の事、子どもの事、家族の事、それらを総合的に考えていく必要がでてきます。
自分中心だと妻の不満は溜まるばかりです。

もちろん、夫も一人の人間ですので不満に思う事もあるでしょう。
しかし、それを夫婦で共有して一緒に解決に導けるようにコミュニケーションをとることが大切です。

妻の気持ちも理解して、家族の為に行動できる夫でありたいものですね!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする