パパでも安心!無駄を省ける出生届の出し方とポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんと母親の手
出生届ってパパでも出せる?

無事に待望の赤ちゃんが産まれました!きっと喜びに満ち溢れている事でしょう。

ですが、喜びもつかの間…次は色々な手続きが待っています。

出産後に行う手続きは山のようにあります。
知っておかないと、てんやわんやになる事も…

山のようにある手続きの中で、最優先して出したいものが「出生届」です。

出生届って何となくママが出しに行くイメージがありませんか?

出生届の提出はパパでもできるんです!

実は、出生届を早めに提出しないと、最悪の場合罰せられる可能性もあります。

ママは出産直後で入院していたり、体力も回復していない為動けません。
なので、ここはパパの出番です!
出し忘れる事が無いように、しっかり準備して手続きを行なっていきましょう!

出生届とは

出生届
出生届(しゅっしょうとどけ)とは、子どもが産まれた際に出す届け出の事です。

届け出の手続きを行う事で、子どもを戸籍に入れることができ、
住民票にも登録をされます。

この届出を行わないと、産まれた赤ちゃんが戸籍に載らず、
罰則を受ける可能性があります。

どこでいつまでに手続きするの?

役所
出生届の手続きには期限があります。
出産日を1日目と数え、14日以内に役所にて手続きを完了させる必要があります。

出産後のバタバタしている時の14日はとても早く過ぎてしまいます。

気づいたら期限ギリギリ…という事が無いように気を付けたい所ですね。

また、手続きの場所ですが、必ずしも今住んでいる場所の役所である必要はありません。

提出可能な場所は以下の3か所です



・届出人の居住地
(届出人は原則父・母。やむをえない事情がある場合は
同居人・出産に立ち会った医者も可)

・子どもが産まれた場所(里帰り出産先の役所など)

・父母の本籍地

以上の市区町村役所に提出します。


中には里帰り出産などで居住地より遠方に行っている場合もあるでしょう。
その為、里帰り出産先の役所でも提出が可能となっています。
提出までの期限がとても短い為、このような措置がとられています。

また、夜間や土・日・祝日の提出も可能です。
その際は守衛さんや警備員さんに預けることになります。

あくまでも預けるという形なので、その後訂正が必要になった場合は再度役所に行かなくてはなりません。

手続きで必要なものは?

役所窓口

手続きで必要になるものは以下のものになります。


・出生届・出生証明書
(通常ですと出生届用紙の右側半分が出生証明書になっており、出産を担当した病院の医師や助産師が書いてくれます。)

・母子手帳
(手続きを行うと、出生届出済証明に押印をしてくれます。)

・印鑑
(届出人の印鑑が必要です。実印である必要はありませんが、朱肉を使用するタイプの印鑑を持っていきましょう。シャチハタは不可です。)

・国民健康保険証
(国保の方は同時に手続きを行う事ができます。厚生年金適用事業所の方は会社で手続きします。)


バタバタしているとうっかり忘れる事もあります。
提出する際はしっかりと準備したかを確認し、二度手間にならないようにしましょう。

出す時の注意点

人差し指とびっくりマーク
さて、ここまで準備物と提出先について紹介しました。
では、次に出生届を出す時の注意点についてです。

出生届を出す際は、いくつかの注意点があります。
守らないと罰則を科される可能性もありますので、覚えておきましょう。

14日以内に手続きできなかった場合

真っ当な理由がないまま14日以内に手続きを行えなかった場合、場合によっては5万円以下の罰金を科せられる可能性があります。(戸籍法第135条より)

また、修正や不備などで期限を過ぎてしまったら、簡易裁判所に提出期限までに出せなかった事を通知する必要があります。

併せて戸籍届出期間経過通知書という書類を役所に提出する必要もあります。

罰金を科せられる可能性があるということで、早めに手続きを進めていきたいですね。

名前を決めておく

当たり前ですが、名前が決まっていないと手続きを完全に終える事ができません。
なので、名前は速やかに決めましょう。

しかし、決めようと思っても中々名前が決まらないといったケースもあるでしょう。

その際は、14日以内に名前の欄を空白にしたまま出生届を提出する事で、
戸籍届出期間経過通知書の提出と罰金を避ける事ができます。

その後、名前が決まったら、役所に追完届を提出し、
戸籍を直すことで手続きが完了します。

名前はその子の一生を左右しかねません。
できるだけ慎重に決めたい気持ちもあると思いますが、
手続きのルール上、手間が発生してしまうのでなるべく期限内に決めたいですね。

字は丁寧に、訂正はなるべく少なく

子どもの名前に使える漢字は常用漢字の他にひらがな、カタカナ、人名漢字のみです。

楷書で書くことと共に、線の長さやとめ、ハネにも気を配りましょう。
後々「字が違ってた!」なんて事態を招かないように丁寧に書きましょう。

また、訂正は2重線で行ないます。
決して修正テープや消せるボールペンの使用はしないでください。

届出書の左側欄外に印鑑を押しておくことで
訂正印を押すことを省略することができます。

訂正することがないように、ゆっくり確実に書きたいですね。

一緒に手続きすると楽なこと

国民保険証
出生届を出したのであれば、それに付随してその他の申請もしてしまえば手間にならずに済みます。

役所で申請できる手続きは以下の通りです。


・児童手当の申請
(ただし、住民票がある市区町村の役場のみ対応です。)

・乳幼児医療受給者証の申請

国民保険の方は併せて…

・国民健康保険の加入手続き

・出産育児一時金の申請(母親が国民保険に加入している場合)


何度も役所に行くのは正直大変です。なので一回で済む方が良いですよね?

バタバタ毎日が過ぎていく子育てにおいて、効率化を図ることは自己負担を減らす意味でも大切です。

なので、手始めとしてこういった事から無駄を無くしていき、意識づけていけると良いですね。

慌てず確実に提出していきましょう

子育てで最初に行う重要な手続きである出生届についてまとめました。

出生届を出す=子どもの人生のスタートと言っても過言ではありません。
慌てないで確実に提出したいですね。

こういった手続きをパパが率先して行うようにすると、ママも安心します。

特に出産直後は本当にバタバタします。
夫婦で助け合って最初の1歩を乗り切っていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする